10月ワークショップ受付開始!!

教わる力「教わり力」をつけよう

ワークショップ

2022年6月29日開催

足首の”輪”で行う足首の引き上げ~立つ・ルルヴェの基礎~

苦手克服プロジェクト~ピルエットアンデダーン~

2022−8ーWSお知らせ
受付日をスケジュールに記しておこう!

暑い、暑い、夏がやってきました。

暑いというより「熱い」という感じもします。

まだ、体も慣れていないでしょうし、十分な水分、十分な睡眠に心がけていきましょう。

JBPでも、水分補給の声がけ、運動量の調整、内容の精査など、暑さに対応したものの提供をいていきます。

まず、16時代「足首の引き上げ」レポートからはじめましょう。

足首というのは、体のかなり下の方に位置します。

ここがしっかりしてくると、ルルヴェの動き方が格段に変わりますね。

特に、ワークで集中的にやった時に表れていたように思います。

この感覚は、ぜひ覚えたいものです。

ワークでできるということは、バレエでもできる可能性が「非常に高い」ということですから。

この日、足首を引き上げたいなら「足首を引き上げよう」では、ダメだというお話をしました。

足首を引き上げるために、何をしたらいいのか。

それは、足首をどうこうすることに限りません。

むしろ、それ以外のことの方が多いわけです。

そして、バーとセンターの捉え方、設定についてもお伝えしました。

バーがあってセンターではなく、センターがあってバーレッスン。

詳しいことは、当日お話ししましたので、メモに目を通してみてください。

こうしたことは【教わり方、教わり力】になります。

教わり方が上手な人は、確実に伸びていきます。

逆に、教わり方が下手だと、やってもやっても結果が出ず、だんだんつまらなくなったり、捻くれたりしていきます。

なかなか教わる機会が少ないことだと思いますので、時々思い出して、大事にしてください。

全体的に、足首にフォーカスした「技術」に誠実に取り組んでくれたと感じています。

内容の意味や体現、かなり、その場でできるようになってきています。

シンプルな動きだけでなく、体の進む方向と足首のベクトルなど、より実践的な動きにも取り入れるチャレンジをしてみましょう。

自信を持っていいと思います!

引き続き、19時代は苦手克服シリーズでピルエットアンデダン。

実は、個人的にはアンデダンに対して、色々思うところがあります。

それでも、レッスンでも、作品でも、あのプレパラシオンからのアンデダンが出てきますから、一定程度は押さえなければなりません。

アンデダンに限りませんが、ルールは必ず守りましょう。

特に、プレパラシオン。

子供の頃からやってます、30年バレエやってます。

それでもできていない人が、とにかく多いのです。

これは、できないのではなく、やっていないだけです。

厳しい言い方ですが、気をつけようと思えばできることを、放棄しているだけです。

思うところはありますが、ここに関しては「決まり」として存在する以上、やらないのであればバレエではありません。

コミュニケーションが取れません。

そして、この場合のルールは明確であり、体がどう、感覚がどう、ということではありません。

がんばって覚えましょう!

覚えてさえしまえば、痛くも痒くも、なんともありません。大丈夫。

今から大事なことを言いますね。

私も、日々闘っていることではあるのですが、バレエの場合「きっちり、正しくやる=できる」とは限りません。

正しくやろうとしたからこそ、一時的に崩れることの方が多いのです。

だからプロは、舞台前に大きく何かを変えることはできないのです。

本番で崩れてしまうから。

舞台回数が多いと、そのチャンスはどんどん減りますから、ある意味、成長するための大幅な変更は難しくなっていきます。

なおしたくても、なおせない。

そんな事も多いのです。

もっとも、対応力に長けた場合は別です。

いわゆる一流っていうのは、ここが全く違うわけです。

きっちりやった人が上手くいかない。

ただなんとなく、ダラーっとやっている人の方がなんとなく上手くいっている。

オープンクラスなどで見かけるのではないでしょうか。

これには、トリックがあります。

きっちりやろうとするということは、今までと違う方法を試しているわけですから、なんとかやろうとして、余剰な力が入ったり、力の出し加減のバランスが一時的に崩れたりします。

80や70でやっているところもあれば、20や30のところもあるといった感じ。

それでもきっちり練習する時に、失敗してもやっていたら、だんだん70が80になり、20が30になっていきます。

そして、気楽にレッスンしてみた時、他のことをテーマに掲げてレッスンしている時、余剰な力がトーンダウンして、体と動きが「協調」し、上手くいくようになるのです。

これが【実力】です。

ところが、きっちりやるべき場所で、なんとなーくその場を取り繕うと、その時は50できていても、他のことに取り組んだ時、作品(バリエーションなど)になった時、本番など心理面で緊張などが起きた時、崩れます。

10や5、限りなく0に近づく場合だってあります。

これは、実力ではありません。

運です。

できてもできなくても。

そんな事もありますので、明確な課題を持って取り組んでいる時、必ずしも完成形になる必要はありません。

まあ、完成形に持ち込めれば、自信もつくでしょうし、やっていて楽しいのはわかります。

ただ、だからと言って、きっちりやったからこそ完成していない場合に、がっかりしたり、できないからと放棄してしまうのは、非常にもったいない話です。

この間、貯金をしているようなものですから。

昔、先輩に「プロだからこそ、レッスンでは失敗する。プロじゃないから、レッスンで失敗しないの!」と言われましたが、その通りだと思います。

よくしようと思ったら、色々試す必要がありますから、実験の数が多いほど、成功の数だけでなく、失敗の数も多いのです。

それを考えていなければ、そもそも試していないのだから、ある意味、失敗がないのでしょう。

それも1つの楽しみ方なのかもしれません。

その上で、JBPにいらっしゃるということは、そうではないはずです。

なぜなら、JBP自体が上達、成長を目指す人のために用意しているものだからです。

普段のレッスンでは、いろんな人が集まってきます。

異なる目的の方に引きづられることだってあります。

JBPは、成長の内容や、期間、目的などに違いはあっても、その人なりの成長上達を目指す人が集まることで、そのエネルギーによって、背中を押される時間でありたいのです。

WSで完成形に持ち込めなくてもいいのです。

普段のバレエレッスンやダンスレッスンなどを受けてみたとき、ふと肩の力が抜けた時に、体と動きが協調し、上手くいく。

そうやって、運でもなく、教師の力でもなく、あなたの実力をつけてください。

実力がついてくると、もっともっとバレエが楽しくなります。

今、辛いこと、きついことを乗り越えられるようになります。

そうしたら、あなたの生活に、バレエが彩りを加えてくれることでしょう。

長くなりましたが、今日のレポートは、とても大切なことをギュッと詰めています。

心の片隅に、置いてみてくださいね。

熱い中、よく頑張りました。

7月、8月、異常に暑いこともあって、JBPでは「体の基礎、動きの基礎、運動の基礎」特集で組んでいます。

この基礎、涼しくなった頃、寒くなってくる頃、確実に効果が出ることでしょう。

ガラッと体を変えますよ。

一緒にやってみましょう。

今月も、ありがとうございました。

JBPがあなたがいるから存在できます。

感謝。

インスタグラムに写真をアップしています。

ぜひ、ご覧ください♪

8月WS詳細発表(下にスクロール)

WSスケジュールスケジュール

はじめての方は、必ずお読みください

はじめての人は必ず確認しよう【はじめての人は必ず読みましょう】ワークショップに参加する前に確認すること

お申し込みから当日までの流れ

受講流れアイキャッチWS ご受講までの流れ

あなたにJBP WSをオススメする理由

WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?

オンラインテキストも販売しています

オンラインアイキャッチJBPオンラインバレエテキスト【トップ】
JBPタイトル

コメントをする