10月ワークショップ受付開始!!

意外なパーツで全身の活動レベルを上げよう。

方程式

ある意味、ヒトは生まれた直後から「老化」から逃げることができません。

老化というのか、成長というのか。

体の場合は、その時期・年齢によります。

その上で、私たち大人は何もしなえれば老化する「下り坂のみ」、向上しようと努力して「やっと維持」、結果が出るように計算された努力で「向上」といった具合です。

避けて通れないからこそ、避けるよりも「計算した上での対策」を実施する方が、あなたの理想に近づくことができるのです。

2022年7月受付中
【満席や残席わずかWSあり、早めに申し込もう!】

体はつながっている

体はつながっています。

動くときは、脳から電気信号を送り、筋肉が働き、関節(骨)が動きます。

メールの送受信のようなことをおこなっているのです。

つまり、「体を動かす」とは文字通り、体だけで動いているのではありません。

脳、神経が元気に働いてくれ、メールを送信することができるから、体が受信し、動くことができるのです。

タイプ別の特徴

[どのくらい筋力があるのか、どのくらい動けるのか、どのくらい踊れるのか]動かなくても、踊らなくてもわかります。

体どころか、とあるパーツを見るだけで、おおよそわかってしまうのです。

このパーツの活動がいいと、努力した分だけの効果を得る事ができます。

バレエレッスンやエクササイズ、筋トレ、ストレッチ。

要するに、効果の出る体を持っているという事なのです。

効果が出る体だから、レッスンしたことが「できる」になるんだ。

ここがよく動く

とあるパーツ…それは「顔」です。

顔の表情がよく動くタイプは、体の機能もよく、バイタリティを感じられ、前向きな意思を感じます。

レッスンしたことが身につく、筋トレしたらキチンと筋肉がつく、がんばった事が結果として表れます。

つまり、上達するタイプ。

頭も体も活発に活動しているために反応も早く、若々しく見えることが多いのが特徴です。

表情が乏しい

老化まっしぐら、それは、体の機能も同様です。

[顔の表情が動かない=体の筋肉も動いていない]

筋肉で体を動かすところ、体重や重力といった重さで動いてしまいます。

従って、レッスンしても、筋トレやエクササイズ、ストレッチをしても、筋肉がつきません。

もちろん、上達もしません。

顔は、全身の機能状態を表しているのです。

顔は、全身の入口です

顔は、全身の状態を表しています。

いわば「玄関」のようなもの。

その上、最も手軽に全身の機能向上に役立つパーツでもあるのです。

さらに、見た目や印象も良くなります。

大人になるほど、、年齢を重ねるほど、長年の重力の影響が顔に表れます。

口元がたるみ、口角が下がった「不平不満顔」は、その典型です。

やってみよう

この顔の表情を作るところから。

できれば、日常でもレッスンでも、この状態をキープしましょう。

  1. 目の下にある「頬骨」を指先で触る。
  2. 指先を目のほうに持ち上げるように、頬を上げる。
  3. そのまま、口角を上げる。

ポイントは、口元を横ではなく、上げる事です。

また、話すときに口先だけでなく、しっかり口を動かすことも効果的です。

目をしっかりと開け、口をはっきり動かして話してみましょう。

まとめ

顔の表情も筋肉の働きによって表れます。

全身はつながっています。

顔をよく動かす、特に、持ち上げることを心がけましょう。

関連

体の専門家による体作り

満員につき、キャンセル待ち受付対象

202271319 『骨盤を起こす』~体作りのワークショップ~

同日開催のこちらでは、引き上げを解説

2022071316 引き上げのポイント【スパイラル】~背中とお腹の融合~ WSオススメの人JBPのワークショップをおすすめしたいタイプの人とは?

ファーストステップ♪

今日はいつもより、口元を上げてみよう♪

JBPタイトル